離職が増えている原因

高齢化社会の進行に伴い、医師や薬剤師、看護師などの医療従事者の果たす役割が極めて大きくなってきてます。病院やクリニック、診療所などでは連日のように大勢つめかける患者の対応に追われる姿が、度々のようにクローズアップされています。
そんな中、看護師の人手不足の状況が一層顕著になっているとして、厚生労働省をはじめとした関連省庁が大きく危機感を抱いているということが報じられています。
もともと、人材を確保しにくい上に、職場環境の厳しさなどを理由にした退職者や休職者の数が増え続けているという実態があるのです。
具体的には、医師からのプレッシャーや同僚看護師との人間、患者やその家族への対応などに苦慮することがきっかけになり、心の闇や精神ストレス、精神不安に苛まれてしまうというものです。
このような悩みを抱え込んだまま仕事を続けることを余儀なくされることで、徐々に追い込まれてしまうのです。一緒に働く仲間も自らの仕事をこなすことで精一杯のために、相談に乗ってあげることができないケースが多いです。

しかし、このような事態を回避するための取り組みも始まっています。
先輩看護師や医師などによる勉強会や講習会などを定期的に開催するなどして、互いの悩みや心配事を打ち明けるなどしています。
診療機関においては、忙しい時間の中で、看護師の離職を何としても食い止めたいのでしょう。
カウンセリング窓口を設けたり、外部の機関に相談を委ねるなどの動きも見られます。