プリセプターの重要性

新人看護師として病院に勤め始めると、初期教育としてプリセプターによる指導を受けるが一般的です。現場ですぐに仕事をするように指示してもできないのは当然であり、信頼性のある仕事ができるようになるまで教育される機会が与えられています。
プリセプターからのプレッシャーを受けながら仕事をすることで飛躍的に成長できるものの、成長速度には大差があるのが実情です。
プリセプターの性格によって受けられる教育の内容に違いが生まれやすいのがプリセプター制度の特徴であり、それが看護師として成長できるかどうかに差をもたらすことが多くなっています。高い要求をするプリセプターに恵まれたことによって、頑張って一人前になりたいと考えていた新人看護師が飛躍的な成長を遂げるということもよくあることです。

しかし、その高い要求に耐えきれず、プレッシャーから仕事を辞めてしまう看護師もいます。
逆に要求が低いプリセプターも多く、懇切丁寧に説明をして手取り足取りしてくれる場合もあるでしょう。そのお陰でゆっくりとはいえ着実に成長できる人もいますが、あまりに要求が低いために能力が伸び悩んでしまって苦労する人もいます。
ある程度プレッシャーを与えてくれるプリセプターに恵まれるかどうかは看護師としての成長速度に大きな影響を及ぼし、最終的には将来性にも違いを生む可能性があります。
初期教育だからこそ、特に重要になるのがプリセプターであると言えます。