患者から受けるプレッシャーの緩和方法

医療現場では、患者は常にすぐにでも病気を治して欲しいという要求を持っています。
治らない病気だとわかっていても、治して欲しいと考えるのはもっともなことです。治らないのなら、少しでも楽にして欲しいという要求を持つのも確かでしょう。
少しでも良い医療を受けたいという発想を持っているのは患者に共通することであり、看護師はそのプレッシャーを受けやすいのが現状です。
医療現場では、患者とのコミュニケーションを最も頻繁に行う機会があるのは看護師に他なりません。
仕事として患者とのコミュニケーションは重要なものですが、あまり得意でない人は患者との会話に恐れを感じてしまう場合もあります。要求の高い患者とのコミュニケーションは、時として重荷になってしまうことも珍しくありません。

しかし、このようなプレッシャーは、会話能力を高めるだけで比較的容易に緩和することができます。
基本として聞き上手になるのが重要であり、患者が医療に対して持っている要求や不満をうまく聞き入れるという姿勢を持つと良いでしょう。細かな説明をするよりも、相槌を打つだけで聞きに徹するようにすると厳しいプレッシャーを受けることが少なく、患者も満足してくれることが多いでしょう。
また、話を中断するための会話能力を身に付けておくと、忙しい最中であっても適切な対応ができるようになります。
患者とのコミュニケーションは看護師にとって仕事の一環として重要なものであるため、会話能力を高めるように努力しておくと良いでしょう。