意識の改善を図る

看護師は離職率が高いということが知られていますが、女性が多くて結婚や育児のために離職する他に、仕事を続けるのが厳しいと感じて退職する人も多いのが事実です。
仕事をしている、現場からプレッシャーが厳しいと感じることはよくあります。忙しく働かなければならない現場が多いため、急いで色々な仕事を片付けられなければならないと感じることも多いのは確かでしょう。能力的にも、早く高いレベルになって欲しいと求められることは珍しくありません。
それが原因で働き続けるの厳しいと感じ、辞職してしまう看護師もいます。

しかし、その前に考えた方が良いのが、自意識過剰ではないかということです。
忙しさなどのように客観的な原因がある場合はともかく、自分に求められている仕事のレベルが高いと思い込んでしまっているために辛くなってしまっている場合もあります。特に能力的に高い看護師が必要とされているというのは医療業界ではよく知られていることであり、それが自分に向けられているメッセージだと考えてしまう人もいるでしょう。
必ずしもそれをプレッシャーに感じる必要はなく、自分なりの働き方をすれば問題はないのです。
自意識過剰になってしまい、必要以上に自分を追い詰めてしまって働けなくなる看護師もいます。退職してしまうとなかなか仕事を再開しようという気持ちが起きにくくなってしまうので、意識の改善を図りプレッシャーに負けない精神を養いましょう。